意外と無くてはならない手すりについて考える

意外と無くてはならない手すりについて考える

重要性を理解していない?

大半の人は意識していない

手すりについて色々述べてきたが、その重要性を認識、もしくは改めて確認したという人が出てくれば幸いだ。むしろ手すりなんていらないと考えている人は、そんなことをしたらどれくらいの人が抗議という抗議を挙げかねないため、考えを取り下げて欲しい。手すりについてその必要性を認識していない人はおそらく事故などを遭遇した経験がない人だろう。発生しないことに越したものはない、だが仮に頭上から体重100kg近い大男が舞い降りてきたといった不測すぎる事態に巻き込まれたら、それはもう死亡フラグだ。押し潰される重量もそうだが、落下スピードによっておよそ2倍以上の衝撃を受けるとなったら無事ではすむはずがない。

階段も例外ではないが、一番気をつけたいのがエスカレーターの利用時だ。エスカレーターでは基本立ち止まってそのまま昇降していくのが通常のスタイルとなっていますが、中々そうもいかない。とりわけ朝などの忙しい時間帯ともなれば、エスカレーターで下るのと階段を下るのとでは時間差が生じているため、どうしてもみんな動きがちだ。逆に朝の通勤・通学ラッシュ時にエスカレーターで立ち止まっていると障害物扱いされるという、理不尽な扱いを受けてしまうため自然と誰もが歩く形を取る。

その状況を朝の眠たい思考で考えてみる、この時もしもエスカレーターが突如停止した際にどれくらいの人がとっさに手すりを掴むかだ。中には手すりの存在そのものを忘れて、地面へと落ちていく人もいるかもしれない。そうなったら下にいる人たちへと被害が及び、またとない人間ドミノ倒しという惨劇が繰り広げられます。恐ろしい状況ですが、エスカレーターを利用しているときは常々そんなことを考えるため、最近では手すり部分を掴みながら歩いて下りるようにしている。

リフォームしましょ♪

三和水道管理の三つの和、「真心の和」「技術の和」「信頼の和」を基本理念とし、住宅リフォーム、水道衛生工事、給排水設備工事、ガス機器設置工事、そして水まわりのトラブルに対応する緊急メンテナンス。給湯器 横浜に関するご相談お待ちしております。
ご存知ですか?顔のむくみは骨の歪みからかも…。まずはKebis新百合ヶ丘の整体マッサージへご相談ください!皆様の健康回復・増進に努めております。

エスカレーターは歩かない

駅などではエスカレーターを歩く人達を警鐘するためにある時期には歩かないよう、キャンペーンを開いている時がある。特に一番乗降数が増える時期である夏季休暇などは、都内の駅各地で手すりに捕まってエスカレーターを歩かないよう促すこともある。

元々エスカレーターの正しい乗り方は、『歩かないでステップに直立不動で立ちながら手すりに掴まる』、というのが正しい乗り方となっている。急がない時は基本そのようにしなければならないのだが、エスカレーターは歩くものだと認識している人も多い。

正しい乗り方と紹介しましたが、実は根本からこの点を知らないという人も多いという。ある人は、

『エスカレーターは右側を開け、歩く人用の通路を作るのがマナーだ』

などと誰から教わったのかと聞きたくなる独自すぎるエスカレーター勘違い説を展開したという。こうした点を見ると、鉄道会社が促しているエスカレーター乗降時に立ち止まって乗り降りするキャンペーンも全くといっていいほど効果が無いと言える状況にあるという。エスカレーターの危険性は階段よりも高い、稼働しているためステップに服などが挟まるだけでも事故が生じてしまう。

実は多いエスカレーター事故

キャンペーンを実施した背景には当然、事故が多かったという問題がある。それも数件ではなく、1年間で250件も発生しているとなれば安全性について厳しく問いかけていくしかない。そのため本当に急いでいる人が階段の使用を推奨すると促しているが、それはそれで同様の事故へと繋がってしまいかねないため進め方は少し違っているだろう。

エスカレーターの利用でこれだけの事故、内容こそ公表されるものではないがエスカレーターから落ちて下にいる人と激突する、これだけで打ち所が悪ければ命に関わりかねない。手すりに掴まりながら歩くのも基本的にはマナー違反となっているが、身の安全を優先するなら最低限手すりだけは掴んでおこう。

福祉機器のことなら

レベルの高い手技と、専門機器を多数用意してお待ちしております。どうぞお疲れを感じたら、整体 渋谷 代官山コンディショニングにお越しください。「もっとキレイになりたい」という方も、ぜひお越しください。

手すりの重要性を噛み締めつつ

手すりについて述べてきたが、階段にしても、ベランダにしても、そしてエスカレーターなどにしても設置は義務づけられているわけではない。エスカレーターの場合だとまた話は変わってくるかもしれないが、昔よりは傾斜もきつくない階段構造となってきてはいるものの、昇降時に伴う身体の負担などを考慮すると設置していないと心許ないのは間違いない。自宅を完全バリアフリーにする急務はなくても、普段の生活でも何事も事故が起きると仮定して対応できるよう手すりを設置しておけば事態は防げる。その時は直棒よりもクネットのような波形型の手すりも視野に、色々と考えてみてはいかがでしょうか。